家族葬でお坊さんなし&無宗教はNG?僧侶を手配する場合の方法は?

家族葬でお坊さんなし&無宗教はNG?僧侶を手配する場合の方法は?

家族葬でお坊さんなし&無宗教はNG?僧侶を手配する場合の方法は?

 

近しい人のみで行う家族葬では、

  • あまり形式ばった葬儀にしたくない
  • 堅苦しい宗教的儀式は省きたい
  • お寺との付き合いはないからお坊さんは呼ばなくてもいい

など、昨今さまざまな考え方ややり方があります。しかしこれらは安易に自分たちの希望だけで決めてしまうと、大きなトラブルになりかねません。

 

ここではお坊さんなし・無宗教で行うの家族葬の注意点と、僧侶を手配することになった場合の具体的な方法を解説しています。ぜひこれを参考にして、トラブルのない家族葬にしてくださいね。

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

 

 

家族葬ではお坊さんなし&無宗教は許されるのか?

 

単刀直入に言うと、注意点さえクリアすれば、家族葬ではお坊さんなしや無宗教のお葬式が可能です。

 

ちなみに無宗教式・無宗教葬とは…?

「宗教によらない葬儀」「宗教を超えた告別式」を指します。仏教、神道、キリスト教など、特定の宗教によらず、僧侶などの宗教者も呼ばずにお葬式を行うスタイルです。

 

故人や喪主家族に関わりのある多くの人が参列する一般葬に比べて、家族葬は近しい人のみが参列するお葬式です。そのため家族葬では伝統的な形式にこだわらない”お坊さんなし”や”無宗教”の式を比較的選びやすいと言えます。

 

 

しかし、お坊さんを呼ばない無宗教式の家族葬には、メリットもあればデメリットありますので、注意も必要です。


 

お坊さんなし&無宗教の家族葬のメリット・デメリット

 

お坊さんなし・無宗教の家族葬には、次のようなメリット・デメリットがあります。

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

《メリット》

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

《デメリット》

形式にとらわれる必要がない なじみがないため、家族や親族がとまどうことがある
宗教者主導ではなく、自分たちが主体なので精神的負担が少ない 菩提寺にお墓がある場合には、納骨できないことがある
故人らしさを尊重した、手づくり感覚の式を行える プランニングを失敗すると、メリハリのない式になってしまう可能性がある
上手にプランニングすれば、思い出に残る、心温まる式になる 親族の理解を得られず、お互いにしこりを残すおそれがある

参考文献:よくわかる 家族葬のかしこい進め方

 

 

 

お坊さんなし・無宗教のかたちの家族葬はまだまだ世間的になじみがないため、思わぬトラブルも潜んでいるようですね。

 

ではトラブルにならないために、家族葬でお坊さんなしや無宗教式を選ぶ場合の注意点には、どんなものがあるのでしょうか?見ていきましょう。


 

家族葬でお坊さんなし&無宗教にするときの3つの注意点!

 

①菩提寺との関係性に注意!

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

 

菩提寺(先祖の墓があるお寺や付き合いのあるお寺)があるかないか、まずはこれがとても重要ポイントです。お坊さんなし・無宗教の家族葬にできるかどうかは、菩提寺の有無や菩提寺との関係性が大きく関わってきます。

 

菩提寺がある場合…

お坊さんなし・無宗教のお葬式は難しい場合があります。お寺に黙ってそのようなお坊さんを呼ばない式を勝手に取り決めて行ってしまうと、

  • 「なぜお寺に連絡しなかったのか」
  • 「うちで戒名を授けていないのであれば、うちのお墓では納骨できない」

このように言われてしまい、お寺とトラブルになることもあるからです。

 

注意ポイント!!

お坊さんを呼ばない無宗教式では、戒名をつけてもらうことができません。お寺の納骨堂やお墓に納骨したい場合は、仏教徒の証である戒名がほぼ必ず必要です。俗名のままでは納骨を断られることがほとんどです。

 

菩提寺に先祖代々のお墓があり、そこに納骨を希望するのであれば、菩提寺の存在をおろそかにすることはできません。もし無宗教式を希望するでのあれば、必ず事前に菩提寺の住職に相談しましょう。なかには、後から戒名をつけてもらい納骨できるお寺もあります。

 

菩提寺に相談しても、お坊さんなし・無宗教式の了承を得られない場合は…
方法①
菩提寺とのこれからの関係性を考慮して、お坊さんなし・無宗教の家族葬はあきらめる。通常の仏式のお葬式を行う。
方法②
宗教を問わない公営や民営の墓地(霊園)に新たにお墓を求める。(ただし菩提寺との関係が悪くなることも)

 

 

このように、菩提寺との関係性は非常に重要なポイントですので、菩提寺がある人は、本当にお坊さんを呼ばない無宗教式にするかどうか慎重に考える必要があります。


 

②親族に前もってしっかり連絡し理解を得る

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

 

お坊さんを呼ばない、無宗教式にする、これらは喪主家族だけで決めず、必ず親族の理解を求めるようにしましょう。特に儀礼的なことに厳しい親族のキーパーソンが要る場合や、親族が世間体を気にしたり儀式的なことを重んじる考えの場合は、

  • 「お坊さんを呼ばないお葬式なんて非常識だ」
  • 「お経もないお葬式なんて質素で粗末だ」

と言って批判されることがあります。

 

注意ポイント!!

お坊さんを呼ばない無宗教式は「周囲の方々への配慮」がものすごくポイントになってきます。まだまだ、あまりなじみがないスタイルですので、家族や親族に何の相談もなく行うことが一番のトラブルの原因になります。

 

必ず「周囲の方々への配慮」を忘れず、相談すべき人には事前に相談するようにしましょう。

 

場合によっては、もしかしたら無宗教の家族葬を断念せざるを得ないケースもあるかもしれませんが、親戚の付き合いがこれからも長く続くことを考えれば、トラブルを避けた方が賢明な場合もあります。

 

③葬儀社選びやプランニングは慎重に!

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

 

特に伝統的な形式にとらわれない無宗教式のかたちでは、葬儀社の企画力やセンスなど、その能力がむき出しに試されます。そのため、無宗教式や自由な形式のお葬式を実際に何度も施行したことがあるような、実績がある葬儀社を選ぶようにしましょう。

 

お坊さんを呼ばない無宗教の家族葬では、プランニングが上手であれば、家族の思い出に残る、心温まる式になることが多いです。しかし慣れていない葬儀社にお願いしてプランニングに失敗すると、メリハリのない式になり参列者が戸惑う事態になることも。

 

 

実績がある葬儀社でしたら、実際にこれまで施行した無宗教式や自由な形式のお葬式の例を、写真や実例を元に説明してくれることが多いです。葬儀のアレンジ力や対応力の高い葬儀社を選ぶことがポイントです。

 

特にオリジナルの祭壇や故人の映像の上映、献花など、葬儀にこだわりがある場合は、それを実現させてくれる葬儀社を選ぶことが重要です。


 

お坊さんなし&無宗教の家族葬の流れや内容はどんな感じ?

 

お坊さんを呼ばない無宗教式の家族葬には、決まったスタイルはありません。葬儀社と一緒にプランニングし、自分たちで式の流れを自由に取り決めることができます。

 

ここではあくまで一例を紹介したいと思います。

 

【無宗教葬・自由葬の式次第例】 

1 参列者入場 故人が好きだった音楽や鎮魂歌のBGMが流れるなか、遺族・親族が入場し、着席する。
2 開会の辞 進行役による開会の辞のあと、式次第を簡潔に説明する。
3 故人の略歴紹介 最近は、ビデオやスライドを利用することが多くなっている。
4 追悼のことば 親しい友人に思い出を語ってもらう。会場の制約がなければ、故人の好んだ曲を楽器の得意な人たちが演奏するのもよい。
5 献花 BGMが流れるなか、喪主、遺族、親族の順に行うのが一般的。
6 お別れの儀 棺のふたを開け、会葬者が最後のお別れをする。献花した花の茎を取って花の部分だけを棺に入れる。もたせてあげたい品があれば一緒に納めて棺のふたを閉める。参列者が少人数の場合は全員でふたを閉める。
7 喪主挨拶 無宗教式の葬儀を行った理由を簡単に説明し、参列してくれたことへのお礼を述べる。
8 閉会の辞 進行役が式終了のことばを述べる。
9 出棺 出棺する。

参考文献:よくわかる 家族葬のかしこい進め方

 

【その他のアレンジ例】

  • 故人が可愛がっていた孫たちが楽器を演奏したり手紙を読んだりする
  • 参列者全員で合唱する
  • カーネーションやバラ、ランなど故人の好きだった花を捧げる
  • 生演奏を取り入れ、ミニコンサート風にした音楽葬にする

あくまで一例ですが、このようなアレンジ方法があります。

 

 

無宗教葬だからといって、楽器演奏やコーラスなど、必ずしも何か特別なイベントを行わなければならないわけではありません。一人一人が故人に対する感謝の気持や惜別の思いを自分のことばで述べるだけでも十分です。

 

しかし、読経や焼香もない無宗教式では、段取りや内容を事前にしっかりとプランニングしておかないと、メリハリのないだらだらとした式になって参列者が戸惑うことがあります。

 

やはり無宗教式に慣れているような実績のある葬儀社に相談して取り決めていくのが、一番安心でしょう。


 

お坊さんなし&無宗教の家族葬って多いの?

 

お坊さんなし・無宗教の家族葬は、ひと昔前に選べて件数は増えてきていますが、それでもお坊さんを呼ぶ仏式のお葬式が大半を占めているのが現状です。菩提寺がない人でも、僧侶を手配する場合が多いです。

 

そのため、お坊さんなし・無宗教の家族葬になじみがない人から理解を得られないこともありますので、お葬式の形式を選ぶ時にはよく考えることが重要です。

 

  • 仏教にこだわりがないから
  • お坊さんなしの方がお布施などがなくて、費用面で節約になるから

 

 

このような理由で安易に無宗教葬を選ぶのはおすすめしません。


 

ポイント!

お葬式は、遺族だけのものではなく、生前故人と関りがあった人たちが悲しみを受けとめ、最後のお別れをし、気持ちを整理するための儀式でもあります。

 

誰を呼び、どんな供養の方法を取るか、そしてどんな風に最後故人を見送るか、周囲の方々への配慮も忘れず遺族でしっかりと話し合うといいでしょう。

 

お坊さんなし&無宗教の家族葬に向いている人・向いていない人

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

向いている人
  • 菩提寺や特定の寺院と付き合いがなく、親戚の理解を得やすい人
  • プランニング力のある葬儀社と一緒に式の内容を決めたいと思っている人

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

向いていない人
  • 菩提寺がある人
  • 菩提寺や周囲の親戚に相談するのがおっくうな人
  • 安く済ませたいからお坊さんなし・無宗教にしようと思っている人
  • 親戚から反対されている人

 

 

このように、お坊さんなし&無宗教の家族葬には向いている人とそうでない人がいますので、まずは自分たちがどちらに当てはまるかを慎重に見て検討するといいでしょう。


 

やっぱりお坊さんを手配したい場合はどうしたらいいのか?

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

 

家族で話し合った結果、「やはりお坊さんを呼ぼう」「無宗教ではなく仏式の家族葬にしよう」という結論になった人もいるでしょう。そのような場合、

 

菩提寺がある人は…

菩提寺に連絡し、そのお寺の僧侶に来てもらいます。菩提寺が遠方の場合も、まずは必ず菩提寺に連絡しましょう。菩提寺の住職が来られない場合は、近くの同じ宗派のお寺を紹介してもらえることもあります。

 

一番してはいけないのが、菩提寺に何の連絡・相談もせずに勝手に自分たちで違う僧侶を手配してしまうことです。これはトラブルの原因になります。

 

菩提寺があるのに勝手に他のお寺から戒名を付けてもらった場合、そのままの戒名ではお寺のお墓に納骨してもらえず、戒名を付け直す事態になることもあるので要注意です。

 

菩提寺がない場合は…
  • 自分たちで近所のお寺を探す
  • ネットでお寺を検索する
  • ネットで「寺院紹介サービス」を探し、そこに僧侶の手配を依頼する
  • 葬儀社に僧侶を手配してもらう

このような方法があります。この中で時間をけずに効率よく、なおかつ安心できる僧侶を手配できる方法は、信頼のおける葬儀社に手配してもらう方法です。

 

葬儀社の中には、「寺院紹介サービス」を行っている葬儀社があります。このような葬儀社では、自分たちの宗派を伝えるとその宗派のお坊さんを手配してくれ、お布施の金額も明確に定まっている場合が多く、比較的安く済む場合も多いです。

 

自分たちでネットでお坊さんを探したいという方は、こちらも参考にしてみてください。

>>お坊さん探しの「お坊さん便」についての詳細はこちら

 

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

家族葬,坊さんなし,無宗教,僧侶

page top